カナリッキオ・ディ・ソープラCANALICCHIO DI SOPRA

ロッソ・ディ・モンタルチーノ 2019

ROSSO di Montalcino 2019

赤・スティル/中重口
2019イタリア

750ml: ¥4,400
(税込) /本

『優美さをどこまでも追い求めていくことこそが自分たちの使命であり、真髄である』と語るカナリッキオ・ディ・ソープラ。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会創設に大きく寄与した造り手でもあり、協会創設メンバーのみ許されるモンタルチーノ村の中央広場が描かれたエチケットを使用できるワイナリーは現在ここ一社とされています。



ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのセカンドワインとして位置づけられるロッソ・ディ・モンタルチーノ。カナリッキオではほぼ全ての畑が樹齢10年を超えているため、若木の葡萄だけではなくブルネッロ用に栽培しているふたつのクリュ「カナリッキオ」と「モントゾリ」をブレンドして使用します(ヴィンテージによってブレンド率は異なります)。

 

所有する畑は約15ヘクタール、粘土質が主体で醸造所を囲むように位置する「カナリッキオ」、石灰分に富む泥灰質土壌(ガレストロ)の「モントゾリ」、地形と地質によって大きく二分されています。各区画は自然条件とミクロクリマによりさらに細分化され、個別に管理されています。



遠く離れたアルプス山脈からの北風トラモンターナ(Tramontana)の影響を受けるモンタルチーノ北部の冬は寒く、数週間にわたり氷点下を下回ることもあります。過酷な環境のようですが、このトラモンターナこそが微生物を含めた土壌全体の健全な循環を保っているとフランチェスコは考えています。乾燥した北風は好ましくない菌やカビの繁殖を抑え、雹の発生リスクも減らすだけでなく、夜間の温度を下げることでブドウの樹が養分を蓄えしっかりと成熟するための大切な時間も生み出します。

醸造を手掛けるのはフランチェスコ&マルコ・リパッチョリ兄弟。手摘みで収穫したブドウは除梗、破砕後、2025日間マセラシオン。毎日ポンピングオーバーしながら、3/4をデレスタージュします。750Lのフレンチオーク樽あるいは2,500Lおよび5,000Lのスラヴォニアンオーク樽にて約11ヶ月の樽熟成を経て瓶詰めされています。




フランチェスコ曰く『2019年はバランスのよい安定した気候によってブドウのバランスが保たれ、完熟するための必要条件がそろった』とのこと。



※本文中の製造方法、商品エチケット等は予告なしに変更されることがあります。
続きを読む

<味わい>

美しく輝く濃いルビー色。ブラックチェリー、スミレやバラのような花の香りやベーコンやブラックペッパーを想わせるスモーキーなアロマ。調和がとれており、エレガントなボディでアロマが長く続く。ミートソースパスタ、スープ、ローストしたお肉、熟成したチーズと共に。

国・地域イタリア トスカーナ
格付けDOC 
ブドウ品種サンジョヴェーゼ・グロッソ 100%
受賞歴-
熟成詳細スラヴォニアンオーク樽とフレンチオーク樽にて12ヶ月+瓶内熟成4ヶ月
認証-
ラベル表示酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(アカシアガム)
アルコール度数14.00%
コルク
入り数6
料理との相性ローストビーフ、ラム肉のグリル
  • ・商品情報および価格は、予告なく変更になる場合がございます。
  • ・掲載画像のラベル、キャップシール、ヴィンテージはお届け商品と異なる場合がございます。
  • ・梱包資材・配送回数の軽減のため、ケース(正箱)商品でも他の商品とまとめて配送用段ボールに移し替えた状態でお届けする場合がございます。