送料550円(沖縄1,100円)/11,000円以上ご購入で送料無料(沖縄550円)

優れたヴィンテージにのみ造られる、バランスのよいフルボディ。

ステレンボッシュ・ヒルズSTELLENBOSCH HILLS

1707 リセルヴ ホワイト

1707 Reserve white

白・スティル/やや辛口
2021南アフリカ

750ml: ¥3,850
(税込)

ステレンボッシュ・ヒルズによる「1707 リセルヴ ホワイト」。ワイナリーがある地域、フロッテンバーグでは、1707年にブドウ栽培を含む農業活動が始まったと広く知られています。そんな記念すべき年「1707」を冠した、歴史とテロワールへの誇りを表した銘柄です。

ステレンボッシュのクルーフ地区にあるブドウ畑は、標高260~400mの東向き斜面に位置し、真砂土で構成されています。1ヘクタールあたりの植密度は2,500~3,000本、樹齢は20~25年で、栽培はコルドン式を採用しています。

収穫後、ステンレスタンクにて発酵。発酵後は、二週間ごとのバトナージュを行いながらフレンチオーク樽で10ヶ月間熟成されます。瓶詰め前にシャルドネ、セミヨン、ヴィオニエをブレンド。6ヶ月の瓶内熟成を経て、リリースされます。


南アフリカの銘醸地として知られるステレンボッシュ。ケープタウンの東に位置し、夏は暑く乾燥し、冬は涼しく雨が多い地中海性気候で、水はけの良い丘陵地が広がっています。フロッテンバーグでは、1707年に当時の喜望峰総督シモン・ファン・デル・ステルによって最初の農場が割り当てられ、ブドウ栽培が始まりました。ステレンボッシュ・ヒルズは1945年にフロッテンバーグ協同組合としてスタート。その規模は年々大きくなり、2003年に現在の形のステレンボッシュ・ヒルズとなりました。近年では、フロッテンバーグの小学校を通じて地域コミュニティの生活を向上させるプロジェクト「ポルカキッズ」への支援も行っています。

醸造を手掛けるPGスラッバートは、ノースケープの農家に生まれ育ちました。当然そのまま家族と同じ農業の道へ進むはずでしたが、彼はステレンボッシュのブドウ畑に魅了されました。「赤いカラハリ砂漠を緑の蔓と優れたワインのオアシスにしたい」という思いから、ステレンボッシュ大学のワイン学科に進学。その後はKWV(南アフリカブドウ栽培協同組合)を経て、1997年よりステレンボッシュ・ヒルズに参加。知識と経験を活かし、彼のモットーである価格以上の価値のあるワインを造り出しています。 


※本文中の方法、商品エチケット等は予告なしに変更されることがあります。
続きを読む

美しく輝くやや緑がかった黄色。バニラ、オーク、バター、パッションフルーツ、メロン、アプリコットなどの熟したトロピカルフルーツなどのふくよかな香り。滑らかな口当たりでボリューミー。味わいは白い熟したフルーツやオークを感じる。酸味は穏やかでアフターにスパイスが効いたドライな1本。

国・地域南アフリカ ウエスタン・ケープ
ブドウ品種シャルドネ 66%、セミヨン 20%、ヴィオニエ 14%
熟成詳細フレンチオーク樽にて10ヶ月+瓶内熟成6ヶ月
ラベル表示酸化防止剤(亜硫酸塩)
アルコール度数14%
コルク
  • ・商品情報および価格は、予告なく変更になる場合がございます。
  • ・掲載画像のラベル、キャップシール、ヴィンテージはお届け商品と異なる場合がございます。
  • ・梱包資材・配送回数の軽減のため、ケース(正箱)商品でも他の商品とまとめて配送用段ボールに移し替えた状態でお届けする場合がございます。