樹齢30年のロール(ヴェルメンティーノ)をアンフォラで醸したオレンジワイン「レ・フュ・アントル・ドゥ・シェーズ!!」

シャトー・ドール・エ・ド・ギュールズCHATEAU D'OR ET DE GUEULES

レ・フュ・アントル・ドゥ・シェーズ!!

LE FUT ENTRE 2 CHAISES!!

オレンジ・スティル/辛口
2022フランス

750ml: ¥3,850
(税込)
直訳すると 「2つの椅子の間の樽」というユニークな名称は、フランス語の

≪Cul entre les deux chaises≫
(「2つの椅子にまたがるとCulがどっちつかずで居心地が悪い」ことから「中途半端なこと」を指す俗語、Culの意味はぜひ調べてみてください)

に由来します。
オレンジワインは白ブドウを赤ワインの製法で造る「白ワインでも赤ワインでもない、どちらでもないワイン」であることから、Culを樽と見立てた遊び心を込めて名づけられました。

ワイナリー付近の写真

地元では「ガレ」と呼ばれる、小石で構成された排水性の高い土壌に深く根を張ったロールを100%使用します。発酵と熟成にかかる期間を古代から用いられる土製の陶器、アンフォラの中で過ごします。
ロールは酸化しにくい特徴があり、約3週間スキンコンタクトさせることで、ワインはオレンジではなく黄金色を帯びていきます。

アンフォラを囲む親子の画像

カマルグ湿原の北部に位置するシャトー・ドール・エ・ド・ギュールズ。ドールは金、ギュールズは赤を意味し、1998年にこのシャトーを取得したド・ピュイラモン家の紋章の色にちなみ名づけられました。
地表を覆う地域特有の小石の反射熱により日中の気温は上昇し、湿原から冷涼な風が吹く夕方以降は気温が急激に下がります。その昼夜の気温差を活かし、果実の新鮮さと純粋さを保った良質なブドウを育てています。

シャトー・ドール・エ・ド・ギュールズの紋章

シャトーはオーガニックとビオディナミの認証取得をしており、生物多様性の尊重や太陽光発電の活用、ブドウに対する音楽ヒーリング(フランス国立農業研究所により研究された、べと病やうどん粉病などのリスクが高まった際に適した曲を畑にかけることでブドウを活性化し、病気に抵抗するプロテインを増加させる方法)など、様々な独自の農法を行っています。

ぶどう畑にかわいらしい羊が放たれている様子の写真

※本文中の製造方法、商品エチケット等は予告なしに変更されることがあります。
続きを読む

美しく輝く淡い琥珀色。枇杷、アプリコット、オレンジピール、カモミール、カルダモン、カラメルを想わせる香り。口当たりは柔らかく、凝縮感のある果実味に生き生きとした酸味が調和する。心地良いタンニンとスパイシーな余韻が続く複雑なオレンジワインです。

国・地域フランス コート・デュ・ローヌ
格付けヴァン・ド・フランス
ブドウ品種ロール100%
熟成詳細アンフォラで6ヶ月
認証ビオディナミ(demeter)、オーガニック(AB認証)
ラベル表示酸化防止剤(亜硫酸塩)
アルコール度数13.00%
コルク
  • ・商品情報および価格は、予告なく変更になる場合がございます。
  • ・掲載画像のラベル、キャップシール、ヴィンテージはお届け商品と異なる場合がございます。
  • ・梱包資材・配送回数の軽減のため、ケース(正箱)商品でも他の商品とまとめて配送用段ボールに移し替えた状態でお届けする場合がございます。