ジョージア伝統のクヴェヴリ製法×代表品種ルカツティリ
完熟果実の華やかさ感じるアンバーワイン

シャルヴァ・グヴァラマゼ・ワイナリーSHALVA GVARAMADZE WINER

ツァラピ

TSARAPI

オレンジワイン・スティル/辛口
2018ジョージア

750ml: ¥2,750
(税込) /本

ジョージア東部、カヘティ州カルダナヒ村で伝統的な製法を継承する造り手シャルヴァ・グヴァラマゼ・ワイナリー。



先祖代々受け継いできた家族の伝統を守りながら、昔ながらの素焼きの壺「クヴェヴリ」でワインを造ります。元々はジョージア最古のワイン生産地のひとつとも呼ばれる南東の山岳地帯メスへティ地方にルーツを持ち、1985年に今のカルダナヒ村でのブドウ栽培を始めました。



ジョージア随一の銘醸地とも称されるカヘティ地方。北東をロシア、南をアゼルバイジャンに国境を接し、北は大コーカサス山脈、中央にはゴンボリ山脈が横たわります。冷たい山からの風や乾燥した気候などの栽培環境にも恵まれ、シャルヴァ・グヴァラマゼ・ワイナリーが100haの畑を有するカルデナヒ村をはじめに、数々のすぐれた栽培区域が連なります。500種類を超えるといわれるジョージアの土着品種から、それぞれの区画にあったブドウを選び、オーナーであるシャルヴァ・グヴァラマゼの長男レヴァンと共に個性豊かなワインを造り続けています。



シャルヴァ・グヴァラマゼ・ツァラピの畑は、コンボリ山脈の斜面に位置する栽培区域「ツァラピ」内にあり、レンジナ(腐植炭酸塩土)土壌で標高は450m~500m。手摘みで収穫後、果皮、種、茎と一緒にクヴェヴリで46ヵ月間発酵及び熟成しています。

 

伝統的なワイン醸造の歴史は 8000 年にも及び、「ワイン発祥の地」と言われ近年注目を集めている産地ジョージア(Georgia)。クヴェヴリに収穫したブドウを入れて発酵させ、マラニという石造りの蔵の地中に埋め込み一定の温度で再発酵と熟成を行います。この独特のワイン造りは2013 年 12 月にユネスコの無形文化遺産に登録されています。



※本文中の製造方法、商品エチケット等は予告なしに変更されることがあります。

続きを読む

<味わい>

美しく輝く黄金色。熟したアプリコット、オレンジマーマレードを想わせる香りに、黄色い花、レモンティー、シナモンの香りが広がる。口当たりは柔らかく、ミネラリーで凝縮感のある果実味にしっかりとした酸味が感じられ、ゼスティな苦味とスパイシーな余韻が長く続く、完熟果実の華やかさを堪能できるオレンジワインです。

国・地域ジョージア カヘティ
格付け‐ 
ブドウ品種ルカツィテリ 100%
受賞歴-
熟成詳細クヴェヴリ発酵(果皮、種、茎と共に4~6ヶ月)
認証-
ラベル表示酸化防止剤(亜硫酸塩)、安定剤(CMC-Na)
アルコール度数12.50%
コルク
入り数6
料理との相性西京焼き
  • ・商品情報および価格は、予告なく変更になる場合がございます。
  • ・掲載画像のラベル、キャップシール、ヴィンテージはお届け商品と異なる場合がございます。
  • ・梱包資材・配送回数の軽減のため、ケース(正箱)商品でも他の商品とまとめて配送用段ボールに移し替えた状態でお届けする場合がございます。